とうふ白玉・抹茶白玉| 京とうふ藤野|京都のおとうふやさん

TOP > レシピ一覧 > とうふ白玉・抹茶白玉

とうふ白玉作りやすい分量

【材料3つの豆腐白玉】充填豆腐で水切り不要のおとうふ白玉!
(パックの中で水に浮かんでいる豆腐を使う場合は、水を捨てるだけでOK)白玉粉と混ぜるだけ。デザート用の白玉を作るときは上白糖を加えますが、甘くせずおすましの具などにも使えます。かたいときは豆乳か水を少しずつ加えて調整します。好きな大きさや形で作れるから、夏休みの親子クッキングにも最適です。
トーフカフェや藤野のお店でもパフェにのせたり、あんみつに入れたり、大活躍の定番スイーツです。おうちでも甘く煮たあずきや、黒みつきなこをかけるだけでお手軽スイーツのできあがり。さらに鍋ひとつで簡単にできる、みたらしあんや白みそあん、コーヒーゼリーなど、夏のおしゃれ白玉デザートを紹介します。抹茶粉やグリーンティパウダーを加えれば、鮮やかなグリーンの白玉に♡二色の白玉を使ったアレンジレシピも紹介しています。

※当レシピはベジタリアン・ヴィーガンレシピではありません。

作り方

  • Step:1
    基本の分量は、充填豆腐 150g×2丁(一丁の場合は以下も半量にしてください。) 白玉粉 280g、上白糖 30gです。抹茶白玉には、抹茶粉3gまたはグリーンティーパウダーを入れてください。
  • Step:2
    材料をすべてボウルに入れ、こねます。充填豆腐の場合は水切り不要でそのまま使います。水に浮かんでいる豆腐の場合は、水を捨ててください。かたさの調整に、少量の豆乳または水を加えます。耳たぶより少しかたいくらいのひとまとめにします。
  • Step:3
    鍋に湯を沸騰させ、好きな大きさに作った白玉をゆでます。白玉の真ん中にくぼみをつけるといいです。ゆでて浮いてきた白玉からゆであがりです。氷水にとり冷やしていただきますが、白玉は冷やしすぎると固くなるので注意してください。砂糖水につけておくと甘さもついて、ゆであずきや黒みつきなこをかけていただきます。●詳しい作り方は動画をご覧ください。
  • Step:4
    [冷やししるこ] ゆであずき 150g、水 80cc、上白糖 10gをボウルに入れて混ぜるだけでできます。器に白玉とよく冷やしたしるこを入れて、氷などを浮かべていただきます。
  • Step:5
    [みたらしあん] 鍋に上白糖 80g、みりん 70cc、しょうゆ 50cc、だし汁 100cc、片栗粉 20gを入れて火にかけます。ふつふつしてきたら弱火にして、練るように混ぜます。白玉にかけていただきます。
  • Step:6
    大き目に作った白玉をゆでたあと水気をきり、フライパンにごま油を熱し、両面こんがりとなるまで焼きます。串にさして、上記のみたらしあんをたっぷり絡めて、ごま適量を散らしたら、お焼き風のみたらし団子のできあがり。
  • Step:7
    [コーヒーゼリー] コーヒー 200ccの半量を鍋に入れて火にかけ、グラニュー糖 25gを溶かします。板ゼラチン 4g(粉ゼラチンでもOK)は、あらかじめ水につけてふやかしておきます。鍋に加えてゼラチンも溶けたら、残りのコーヒーも加えて火からおろし、バットに移して冷蔵庫で冷やし固めます。器にスプーンでコーヒーゼリーをすくって盛り付け、砂糖水につけておいた白玉も添えて、ミントの葉を飾ってコーヒーフレッシュをかけていただきます。
  • Step:8
    [白みそあん] 白みそ 50g、上白糖 50g、みりん 30ccを鍋にかけ、とろみがつくまで混ぜるだけで、コクのある白みそあんのできあがりです。

豆腐白玉・抹茶白玉★
夏休みの親子クッキング♪冷たいおぜんざい・みたらしあんも

【材料】作りやすい分量

充填豆腐     300g・・・今回は150gの充填豆腐を二丁使いました。一丁の場合は以下も半量にしてください。
白玉粉      280g
上白糖      30g
かたさの調整に、少量の豆乳または水
抹茶白玉には、抹茶粉3gまたはグリーンティーパウダー

ゆであずき、黒みつ、きなこなどを添えていただきます。
白玉は冷やしすぎるとかたくなるので、常温の砂糖水につけておくと使いやすいです。かたくなったときは砂糖水のまま短い時間でレンジで温めるとやわらかくなります。早めにお召し上がりください。

[冷やししるこ]
ゆであずき    150g
水        80cc
上白糖      10g

[みたらしあん]
上白糖      80g
みりん      70cc
しょうゆ     50cc
だし汁      100cc
片栗粉      20g

お焼き白玉には、ごま油、ごま適量

[白みそあん]
白みそ      50g
上白糖      50g
みりん      30cc

[コーヒーゼリー]
コーヒー     200cc
グラニュー糖   25g
板ゼラチン    4g・・・粉ゼラチンでもOK
コーヒーフレッシュ、ミントの葉適量

Fujino’s tofu shiratama dumpling

[Ingredients]

300g (≒ 10 1/2 oz) silken tofu
280g (9 4/5 oz) shiratama rice flour for dumpling
30g (1 oz) white sugar
soymilk or water
for greentea shiratama, add 3g (1/2 tsp) or greentea powder

[cold sweet azuki soup]
150g (5 1/4 oz) boiled sweet azuki beans
10g (1/3 oz) white sugar
80cc (5 Tbsp + 1 tsp) water

[Mitarashi sweet sauce]
80g (2 4/5 oz) white sugar
70cc (4 Tbsp + 2 tsp) mirin (sweet cooking wine)
50cc (3 Tbsp + 1 tsp) soy sauce
100cc (6 Tbsp + 2 tsp or 3 1/3 oz) dashi stock
20g (2/3 oz) katakuriko starch

sesame oil, sesame seeds

[sweet white miso sauce]
50g (1 3/4 oz) white miso
50g (1 3/4 oz) white sugar
30cc (2 Tbsp) mirin (sweet cooking wine)

[coffee jello]
200cc (4/5 US cup or 6 2/3 oz) coffee
25g (5/6 oz) granulated sugar
4g (less than 1/6 oz) gelatin sheet (or powdered gelatin)
creamer, mint leaves

caution: This recipe is not for vegetarian or vegan.

レシピのバックナンバーを見る!